HOME » 女装講座 » 女装講座 カワイイをつくろう♪ » 肩幅をカバーする方法

肩幅をカバーする方法

これからの季節、どんどん服装が薄くなりますね。
そんな時に気になるのが肩幅。

今回は、昨年メルマガ限定で公開したコンテンツのご紹介です。
↓     ↓

 

春夏物の服は薄く、露出も多いので、体型をどうやって隠すかが悩みですよね。
女装子さんがお外で目立ってしまう一番の原因。それは何でしょう。

 ズバリ、肩幅ですね!

 

上半身の大きさが明らかに女性よりも大きく、違和感を抱かれてしまうのです。
肩の骨はコルセット等のように矯正できません。
現代の整形外科では、肩の骨を削って小さくする技術はありません。

今回はそんな肩幅の問題を解決する方法をご紹介します。

 

★まずは姿勢から★

あなたは猫背ではないでしょうか?
実は日本人男性は殆どは猫背と言われています。

つまり猫背だというだけで男性的な特徴を出してしまうのです。
また、姿勢が悪いと広い肩がさらに広く見えてしまいます。

そうです、まず姿勢をなおしましょう♪

胸を張って上体をそらす、左右の肩を背中の中心に向かってたたむイメージです。
普段からよい姿勢を意識して過ごしてください。

 

★どんな服がいいの?★

さて、姿勢を正したらお洋服で肩幅の広さを隠す方法をお試しください。
ポイントは「ゆったり」。

男性の体は多かれ少なかれ、逆三角形になっています。
逆に、女性の肩幅は細いですが、ヒップは男性より太かったりします。

この逆三角形を服でカバーすると、女性らしいシルエットになれます。
パフスリーブやゆったりした肩周りの服装を心がけましょう。
広めの丸襟も女性らしさをアピールできるのでおすすめです。

 

★収縮色と膨張色★

目の錯覚を利用して、体型を女性らしくみせよう!

収縮色:上半身におススメ(小さく見えます) 青・黒・緑 .etc
膨張色:下半身におススメ(大きく見えます) 赤・白・黄 .etc

 

 
■メルマガ会員登録しませんか?■

山田屋のメルマガでは、こういったお役立ち情報や新商品の情報を一部限定的に、いち早くお届けします!